音楽のできること

ほんとこれってすっっっげぇ小さいことなんだよ

だって別に音楽がないからといって死ぬわけでもないし。

でもおれはね一人の人間として、
何度も、何度も何度も音楽に救われた


毎日泣きはらしてた日々も
自分がわからなくなって、もがいてた日々も

全部ひっくるめていつもそばに寄り添ってくれてた

社会人になっていっぱいもまれて
2ヶ月くらいずーっと笑えなくなって
毎日のように歌ってた歌も、
いつしか歌えなくなって
自分で命を絶とうとしてた毎日。


それでも音楽は
なーんも言わずに
なにも強制せず
ただそこに在ってくれた





久石譲のコンサートだった。

真っ暗な部屋で座りながらそれを見てね。

生まれて初めて泣いたかなってくらい泣いてた。

自分で制御できない涙が
どんどん自分を浄化していって
なんだか知らないけど、理由もないけど
「光」が見えた気がした



---------------


今、僕はこうして歌を歌っています

そこに生きがいを感じるし
これが自分の使命であるなんて
そんな勘違いみたいなこと、本気で考えてます


今僕の周りには、本当にかけがえのない人がいます

何があっても守りたいと思える人がいます





音楽ができること




人を変えられる

言葉は人を救える、背中を押せる

変わりたいと思っている人に
変わるきっかけをくれる

そして、もがいている間ずーっと
応援歌になってくれる

その曲はいつしか"想い出の曲"になって
アルバムのページのように、栞になって。


自分の「軌跡」になる。


何かに感動できたり、何かに共感できるみんながおれは好きです。

いつかあなたが、人に「変わる力」を与えられるように

おれは一個ずつ言葉を投げるから

好きな言葉だけでいい
ポッケに入れてあっためてほしい。


いつか挫けたり悩んだりした時に
少しでもおれの声が力になりますように



おれは明日死んでも後悔しないように生きる


必ず幸せにする


小さい事を言うようなやつに振り回されんな


君は君でいい。
おれはおれで生きる。

でっかくなろうぜ。

必ず、幸せになれるよ。

Nobuyuki Hirono In the World.

あなたの未来に、Hi!HighFive!!

0コメント

  • 1000 / 1000