あの頃


僕らは

あの頃のように走れるのかな






熱い日々を駆け抜けた

ただひたすらに目の前を



ついてゆく飛行機雲と

ボールの影




その隙間は今もまだ

あの頃のまま

37度5分の

熱い少年のまま


もがいて探した本当の自分は

いつしかあの日を追いかけてる


行方知らずの残像は

心と、あの校庭に上履きを残して




ただ走って走って

あるがままの流れに飛び込めたあの日の僕を




どれだけ覚えているんだろう


どれだけオトナになれたんだろう





重ねた日々の年輪を


はがすことは、もうないけれど









いつか満点の笑みで

「よく頑張った」と


言えますように


きっと












言えますように。

Nobuyuki Hirono In the World.

あなたの未来に、Hi!HighFive!!

0コメント

  • 1000 / 1000